卒業生の活躍「宮之上貴昭さん・ギタリスト(23期生)」

宮之上貴昭-2

宮之上 貴昭(よしあき)氏 ギタリスト
都立武蔵高等学校(23期生)
東京都世田谷区出身。米軍横田基地の中の「N・C・O」クラブで、ジョー・デイビス(org)、ジェリー・エディ(ds)のトリオ「ニュー・グループ」で3年間演奏する。1977年に渡米。ニューヨークで武者修業の後帰国し、来日中だった今は亡き天才ドラマー、フィリー・ジョー・ジョーンズをゲストに「ソング・フォー・ウェス(キングレコード)」をリリースしメジャーデビュー。現在は自身のグループを率いて都内のライブハウスや全国でのコンサート、テレビやラジオの出演をはじめ、海外のジャズ・フェスティバルやコンサートで演奏活動を続けている。

ピックを一切用いず、親指を中心とする独特の宮之上氏の奏法は、ウェス・モンゴメリーの流れの中にあってさらに発展させ、着々と自己のスタイルを確立しています。比類のないテクニック、歌心とその音楽性に、全国の熱狂的な信奉者は数多く、ジャズ誌の読者人気投票ギター部門では30年以上、常にトップクラスにランクされている、我が国を代表するギターリスト。

【宮之上 貴昭さん Official Web Site】
http://www.miyanoue.net/