「19回生F組 クラス会」の報告(二見 礼子)

19Fクラス会・大菩薩
初めまして、19F(野口いづみさんのクラス)の二見礼子と申します。 (写真の中ではサングラスをかけている女)山岳部同窓会の皆さん方のご尽力のお蔭で私達同窓生が未だに武蔵山荘を利用させて頂けている幸運に感謝しております。

「武蔵山荘」60周年記念にクラスメートの野口さんの講演が聴けると言う 事でスタートしたクラス会の企画でしたが、一週間早い2017年10月7日~8日の日程での実行になり、待ち合わせ場所も「武蔵境駅」という、正にさだまさしの 「♪主人公♪」の歌詞のようなセンチメンタルジャーニーの始まり! ヒュッテに到着したら何と!19Fクラス会・大菩薩・バンビ
可愛いバンビのお出迎え☆

昨夜までの雨のお蔭で気分も爽やかだったのでしょうか、カメラ目線で写真に納まり、 少年少女に戻ったような私達の歓声に応えてくれました。

山荘の中では「60年の歳月によくぞ耐えてくれたね」と、労いの言葉をかけた直ぐ後にそれを支えてくれた方達の努力の秘密の小部屋を見つけました! キッチンの直ぐ隣にあるその部屋にはきちんと整頓された工具が一杯で、これらを使って作り上げ維持をし続けて下さった先輩や後輩の愛情があふれて、私達の胸も感謝の気持ちで 溢れました。

19F

青春真っ盛りの高校生時代の次、今から15年前には担任の藤本先生(当時70歳)も一緒に峠まで登り、今回は初めて峠の先の峰まで登ろうと頑張りました・・・・・・・

「こんな事は最初で 最後! 良い冥土の土産になるわ!」と、思った途端にナント目の前に「さいの河原」と書いた 小屋が!!!!!19Fクラス会・大菩薩・さいの河原

・・・・・・・面白過ぎる~~~~~!!!

雷岩でお弁当を食べて、「もう、満足デ~~ス!」というのが6人全員一致の意見。 登りか下りかの岐路に立った我らの選択は当然「下り!」 「人生、下り坂サイコー~~~~!!!!!」という事で、下りの景色を楽しみながら「福ちゃん 荘」に辿り着きました。

もう一度、「終始、笑いの絶えない楽しいクラス会を実現させて下さって本当に有難うございました。」 思い出を共有する事は人生の宝物です。 ボケて忘れてしまうまで(笑)は私達全員の宝物であり続ける事でしょう☆

2017年10月 ・19回生F組・二見 礼子