mark_syuku

是枝 裕和 監督(33回生F組)カンヌ映画祭最高賞おめでとうございます!

是枝 裕和 監督(33回生F組)『万引き家族』『カンヌ国際映画祭』コンペティション部門最高賞・パルムドールを受賞しました。

日本作品の最高賞受賞は1997年の「うなぎ」(今村昌平監督)以来21年ぶり。

審査員を感動させた『万引き家族』は2018年6月8日から公開されます。

私達同窓生も映画館で大いに感動させてもらいましょう。


是枝 裕和 監督 最新作『万引き家族』公式サイト
http://gaga.ne.jp/manbiki-kazoku/


2018.05.29Hukuma

ピアニスト・福間 洸太朗さん(53回生)フランスのクリューズ市の名誉市民の称号授与おめでとうございます!

2018.05.29Hukuma

福間 洸太朗さん(53回生)ピアニスト

フランスのクリューズ市(スイスの南)の名誉市民の称号授与

おめでとうございます!

 

 

ピアニスト・福間 洸太朗さん(53回生)が、この春フランスのクリューズ市(スイスの南)の名誉市民の称号を授与されました。
福間さんの演奏を生でお聞きになった方はその素晴らしさはご存知と思いますが、実力はさることながらフランスでも愛されていることの証です。
「フランスは私の第2の故郷、風光明媚なクリューズ市に来ることはいつも楽しみ。音楽を通してこれからも交流を続けたい」と語られています。

【福間洸太朗さん オフィシャルサイト】http://www.kotarofukuma.com/
【福間洸太朗さんBlog】http://kotarofukumajp.blogspot.jp/

2018ArtExhibition007s

「都立武蔵高校同窓美術展」をおえて(呼掛け人 元都立武蔵高校・中学 美術科教師 臼井麻美子)

平成30年3月7日から11日までの5日間、武蔵野スイングホール10階スカイルームにて、
第1回同窓美術展が開催されました。

2018ArtExhibition001s
年度末にもかかわらず、たくさんのお客様にご来場いただきました。ご来場の皆さま、ありがとうございました。

回の美術展には元美術部部員や美術関係の仕事をしている方、プロの作家の方、趣味で制作されている方など計24名の卒業生と現在の同校美術部部員の高校生4名、中学生3名、そして旧職員3名合わせて34名の参加があり、合計48点のバラエティーに富んだ作品が展示されました。

2018ArtExhibition006s
2018ArtExhibition007s
2018ArtExhibition004s
会期中には久しぶりの再会を喜ぶ姿や同窓生同士の和気あいあいとした交流なども見受けられ、卒業生の皆さまが母校に誇りと愛着を持っていることが感じられて嬉しく思いました。

同時に私自身も武蔵高校の教師であったこと、この展覧会を企画することが出来たことに大きな喜びを感じました。

今回は第1回目ということもあり、限られた方々にしか参加を呼び掛けることができなかったことをお詫び申し上げます。

次回はより多くの卒業生の方々のご参加をいただき、さらに充実した内容の同窓美術展を開催できますよう期待しています。

卒業生の皆さまのご協力をよろしくお願い申し上げます。

2018ArtExhibition005s
2018ArtExhibition002s
2018ArtExhibition008s

2018ArtExhibition003s
末尾となりましたが、同窓会事務局の皆さまにはいろいろとご配慮をいただきました。心より御礼申し上げます。

1496600_628604223843473_197973871_n

【53回生 福間 洸太朗さん「ピアニスト」】2017年10月の演奏会ツアーのお知らせ

現在、ベルリンを拠点に国際的に演奏活動を行われている「福間 洸太朗さん」が同窓生と知り驚かれている方も多いと存じます。
その福間さんの近況・最近の活動は以下の通りです。


この夏は、フランス・ドイツで、そして先月はカザフスタン、キルギスで演奏会があり、各地でお客様に温かく迎えられ、素晴らしい経験をさせていただきました。私のオフィシャルフェイスブックやインスタグラムで写真を掲載させていただいています。

■フェイススブック

■インスタグラム

9月に入ってからは日本で幾つか公演があり、9月3日はサントリー大ホールで日本フィルハーモニーと大澤壽人氏のピアノ協奏曲第3番という珍しい作品を演奏し、先日朝日新聞の夕刊でもレビューが載りました。

さて、今月は全国5ヶ所でソロリサイタルをさせていただきます。ジョイフル・ミュージックへ登録されている方は、情報が重複してしまいますが、ご了承ください。


 ♪2017年 10月5日(木)18:30 ~ 新潟・柏崎市文化会館アルフォーレ 大ホール

プログラム:ショパン(英雄ポロネーズ、バラード第1番、ソナタ第3番)、
チャイコフスキー(白鳥の湖)、ストラヴィンスキー(火の鳥)
お問い合わせ:http://park6.wakwak.com/~k-geikyo/

♪2017年 10月8日(日)13:30~ 愛知・三井住友海上しらかわホール
プログラム ~鳳凰がみたもの~
リスト(オーベルマンの谷)、ショパン(ソナタ第3番)、
ラフマニノフ(前奏曲)、スクリャービン(ソナタ第5番)、ストラヴィンスキー(火の鳥)
お問い合わせ:http://t.pia.jp/pia/event/event.do?eventCd=1725369

♪2017年 10月9日(月/祝)13:00~ 大阪・いずみホール
プログラム~鳳凰がみたもの~
お問い合わせ:http://t.pia.jp/pia/event/event.do?eventCd=1723169

♪2017年 10月11日(水)19:00~  東京・サントリーホール 大ホール
プログラム~鳳凰がみたもの~
お問い合わせ:http://t.pia.jp/pia/event/event.do?eventBundleCd=b1763188

♪2017年 10月13日(金)19:00 ~ 長野・飯田文化会館
プログラム:柏崎と同じ
お問い合わせ:http://onkan-iida.music.coocan.jp/onkan29.html


▼リサイタルツアーに向けて、各紙で取り上げられました。(2017年)

・9月29日(金)
朝日名古屋本社版の夕刊
http://miy-com.co.jp/fukuma_nagoya- asahi/
・10月2日(月)
朝日新聞 東京本社、名古屋本社版の夕刊
http://miy-com.co.jp/asahi_fukuma_kiji- 20171002/
・10月3日(火)
朝日新聞 東京朝刊 (宣伝)
・10月3日(火)
日本経済新聞 東京、名古屋版の夕刊
http://miy-com.co.jp/nikkei_fukuma_20171003/
・MEG-NetのWeb限定インタビュー
http://www.meg-net.com/meg/web_interview/fukuma-64.html

私の最新ニュースやチケット情報などをご提供するメール配信へのご登録は以下のページからできます。コンサートやメディア情報をDMより早くお知らせできる他、スペシャル動画の限定公開や、一部コンサートのチケット先行販売などの特典もあります。
http://kotarofukumajp.blogspot.jp/2015/06/blog-post_20.html


これまでサントリーの大ホールでソロリサイタルを行った日本人ピアニストは20人弱で、大変名誉なことだそうです。
他にも多くCDを出されていたり、日本および海外公演もあります。福間さんのオフィシャルサイトをご参照ください。

【福間洸太朗 オフィシャルサイト】http://www.kotarofukuma.com/
【福間洸太朗さんBlog】http://kotarofukumajp.blogspot.jp/

■会員の活躍「文化・芸術・音楽・演劇・スポーツ」


 

img006

小田部羊一さん(7回生)「文化庁メディア芸術祭功労賞受賞」おめでとうございます。

文化庁メディア芸術祭功労賞受賞、小田部羊一さん(7回生)おめでとうございます。

img006img007

会報51号の同窓会創立70周年特別企画でもご紹介した小田部さん は、芸大卒業後から今日まで、アニメーターとして「アルプスの少女ハイジ」や「母をたずねて三千里」のキャラクターデザイン・作画監督、「スーパーマリオブラザーズ」のゲーム制作に参加、「ポケットモンスター」シリーズ(長編映画)の監修など多くのアニメ作品を作り出してこられています。

その長年の活躍に対し、2015年度受賞されました。

7月には、丸善書店ギャラリーでハイジの原画展が開催されましたが、2016年12月2日(金)から22日(木)まで、イタリア文化会館主催で、同館エキジビションホールにおいて、マルコの世界 小田部羊一と「母をたずねて三千里」展が開催されています。

期間中無休 11:00~18:00  入場無料  イタリア文化会館 http://www.iictokyo.esteri.it

画家:岡勇氏作品

画家「岡 勇(美術科・教師)」

画家:岡勇氏作品

恩師である画家「岡 勇」さんの作品です。

「正統的で抑制の利いた古典技法を縦横に駆使し、モダンで温容な画風で一時代を築いた作家」(フランス芸術協会選考委員長:クリスティーヌ・モノー)と評価される岡先生は、2013年には、かのルーブル美術館から「フランス芸術最高勲章」を受章されています。
(ご家族よりお便りをいただきました。誠にありがとうございます)