DSC03241s

石澤先生訪問記(今泉 郁夫)

石澤先生訪問記

●山が結ぶ縁

去年の年末のことでした。田無のサルビア歯科に通う道すがら、偶然見覚えのある女性に出会ったのです。ほぼ二十数年ぶりの出会いでしたが、お互いびっくりして立ち止まり、簡単なあいさつを交わしました。彼女はボランティア日本語教師として市庁舎で講座終了後、同僚達と帰る途中だったようで、あまり長い間話しているとお連れに迷惑なので、すぐ別れたのです。その彼女というのは、高島俊恵氏で、武蔵高校時代の同僚の英語教師で、山岳部の行事で白根三山等の合宿に同行をお願いした人なのです。今は結婚されて吉本姓になっています。実は、サルビア歯科の医師の一人である野口いづみ氏も武蔵山岳部1967年卒で日本山岳会の理事でもあり、山の著作も、テレビ出演などもしています。野口医師の治療が終わった後、吉本さんの住所など聞いておくべきだと後悔したのですが、「やまね会」の名簿があることを思い出し、調べてみました。そこで、年賀状をしたためました。その賀状の返事に、熱海の施設にいる石澤先生を訪問しよう、という提案があり、喜んでご一緒することにしました。

DSC03241s

●日本語教師として

東京駅から新幹線「こだま」で熱海までは、長いようで短い時間でした。話題の中心は、武蔵高校時代のことや日本語教師についてのことでした。その時代、一緒に山岳部顧問をしていただいた大角悦子氏が亡くなられたことも聞きました。
当日は晴天ではなかったので、富士山は麓の残雪のみ見えていました。車窓を流れゆく景色を見つつ、今の仕事などについて語り合いました。彼女は数か所でボランティア日本語教師をしています。私も中国で十数年日本語教師をしていましたので、話がそこに向かうのは当然かもしれません。今、吉村氏が悩んでいるのが、中国残留孤児二世と、東南アジア出身で日本人妻として日本で暮らしている人の日本語指導です。二人の学習者に共通しているのが、母国での初等教育がきちんと行われていないので、勉強の仕方が分からないことのようです。母国語による表現も未熟で、また、40歳以上ということもあり、記憶力が落ちていることだそうです。吉本氏は昔は英語に燃えていたが、今一番好きなのは日本語だそうです。

●ゆとりあの郷

やがて列車は熱海駅に到着。駅から目的地の「ゆとりあの郷」までタクシーで15分もかかりません。丘のピーク近くに建てられた、武蔵高校ほどのビルで、熱海市街と、海と、初島、そして遠くには大島、そして房総半島あたりが一望のもとに望まれます。受付に来意を告げると、すぐに石澤先生が来て下さり、先生のお住まいの部屋に案内されました、部屋は65㎡ほどで、十分な広さです。調理もする気なら設備はあるが、90歳の石澤先生は基本的には食堂で済まされます。石澤先生は70歳になられた時に、財産を整理し、この「ゆとりあの郷」に移られました。当時、そして今でも、熱海にこの施設に勝るものは建てられていない、とのことです。昼時になっていたので、我々もその食堂で昼餉を共にしました。先生の部屋から食堂まで100mほどの廊下を通り、エレベーターに乗りますが、先生は廊下の手すりには敢えてつかまらず、ご自分で歩かれました。吉本さんの話では、2年ほど前に訪問した時より、少し弱ったところもあるが、矍鑠たるものだ、とのことでした。

●戦争の影

昼食後は、再度先生の部屋に戻り、おしゃべりに花を咲かせました。先生が奈良高女を卒業したのは9月で、それも戦争のためだったとのことです。卒業後すぐ赴任されたのが武蔵13高女だったそうです。それから、武蔵時代のさまざまな先生の話となりました。生物の関塚先生は特攻隊員で朝鮮におられたそうですし、数学の田原先生は中国大陸を転戦なさり、生物の山梨先生は南方で爆薬が仕掛てある機密書類を持ち歩き、音楽の今井先生はピストルと鶏卵を交換されたそうです。それ以外の先生、そして生徒たちも第二次世界大戦の影響は色濃く残されています。あの戦争がなければ、武蔵高校の先生になられなかった先生も多かったのではないかと思われます。

●学校紛争

武蔵高校にも、いわゆる紛争がありました。当時、石澤先生は改革委員の一人として活躍されました。「真の教育とは何か」ということが問われ、真の教育を目指す運動が展開されました。私も、生徒から、「あなたは何で教師になったのですか」と問い詰められ、「暇があって、山に登れると思ったから」などと返事して顰蹙を買いました。一時は殆どの先生がゼミ形式の授業等をしました。連日の職員会議で、時には23時頃まで会議が続きました。「武蔵の自由」などというのもこういう経過を経て作られていったのではないでしょうか。
自由と同時に、個性的な授業も要求されました。個性的な先生も多かったと思います。化学の杉本先生、数学の三神先生、物理の前畑先生、家庭科の志津先生、体育の高橋先生……枚挙にいとまがありません。石澤先生はいかにも懐かしそうにそれら先生方との交流を回想されていました。そうそう、大菩薩ヒュッテの建設も石澤先生は校長先生をはじめとする方々と尽力されました。

●再見! 石澤先生

あまり長居をしてはお身体に障るだろうと思い、午後4時前に辞去しました。石澤先生は門まで我々を見送って下さり、ちょっとお淋しそうでした。考えてみたら、私が国語の教師になったのも先生の薫陶のお蔭かと思います。武蔵の1年に入った時の国語の担当は石澤先生でした。それまで、武蔵の才媛ばかり相手に授業をされていた先生には、大変なお荷物であったと考えます。石澤先生、本当にありがとうございました。いつまでもご健勝でいらっしゃいますよう。
海岸にバスが差しかかる頃、熱海桜が満開なのが暮色に映えていました。

(文章:今泉 郁夫)

山登りトラブル 回避・対処マニュアル

野口いづみさん(19回生/山岳部OG)がNHK「実践!にっぽん百名山」に出演 (放送2015.3月)

hondana_yamanoboritoraburu

山岳部OGの野口いづみ(19回生)さんが、NHK「実践!にっぽん百名山」に出演するとのお知らせを頂きました。

医師である野口いづみさんは「山登りトラブル回避対処マニュアル」の著者でもあり、登山家としての経験と専門家の視点から山の医療や講演会や執筆なども行っています。

 
「実践!にっぽん百名山」の放映&野口いづみさんの出演は、下記の通りです。
 ●毎週金曜 夕方17:00~17:25 (再放送:毎週木曜 14:00~14:25)
※その内、出演は2015年 3/6、3/13、3/203回だそうです。

 

 

●NHK「実践!にっぽん百名山」公式ページ
http://www4.nhk.or.jp/j-100yama/
山を取り上げ、ルートの見どころや注意点を詳しく解説。
すぐに役立つ、山登りのテクニックや装備、便利グッズもたっぷり紹介します。≪番組紹介より≫

●「山登りトラブル回避&対処マニュアル」出版社のページ
http://www.oizumishoten.co.jp/books/04729.html
登山中のリスク回避・アクシデントに完全対応!夏や秋などのシーズン中、遭難者続 出の登山。本書は、自然災害への対 処から山歩きのトラブル回避、体調ト ラブル、ケガの応急処置、遭難・事故 時の行動などを、イラストを使ってビ ジュアル解説。初心者はもちろん、ベテラン登山者にも役立つ情報が満載。≪書籍紹介より≫

出版社:大泉書店 (2014/7/11)
ISBN:978-4-278-04729-5

<著者略歴> 野口 いづみ
日本登山医学会理事、日本山岳会理事、日本山岳文化学会常務理事。
東京医科歯科大学卒業。鶴見大学麻酔科前准教授。
山の医療や安全登山のための講演、執筆なども行っている。
都立武蔵高校時代 より山岳部に所属。

 

20141127doukikai-20_001

「20回生第二回同期会」開催しました。

20141127doukikai-20_001

2014年11月29日(土)武蔵野スイングビル・レインボーサロンにて都立武蔵高校20回生第二回同期会を開催しました。

20141127doukikai-20_03.jpg 20141127doukikai-20_04.jpg 20141127doukikai-20_02.jpg
前回の「ホームカミングデイ」に合わせた第一回同期会から6年ぶりでしたが、90名近い同期の仲間に集まっていただきました。今回はアトラクションとしてバイオリン、ピアノ、ギターによる演奏を企画し、参加者に大満足していただきました。

【文】小谷野 純一

27回生同期会の集合写真

「27回生同期会」開催のご報告!

27回生同期会の集合写真

都立武蔵高等学校 27回生・同期会のご報告

2014年10月25日(土) 吉祥寺コーキーズハウスにて27回生同期会を開催しました。

夕暮れの吉祥寺、18時からのパーティに懐かしい笑顔の同期生が集まりました。
A組13名、B組9名、C組6名、D組3名、E組3名、F組10名、G組7名、H組10名、I組4名、
みんなで65名の同期生です。

65名がそれぞれ1人づつクラスメートを誘ってくれば、来年のホームカミングデイには130名になるね。
そんな話や自己紹介・クラス紹介をしながらの2時間半はあっという間に過ぎてしまいました。
来年のホームカミングデイでの再会やイベントの約束しながら、名残惜しい解散となりました。

【文】 A組:藤野修一さま
【写真】C組:川本憲一さま

2013_009

「2013年度同窓会総会・懇親会」開催報告

2013年度同窓会総会・懇親会報告 懐かしい顔・顔・顔 笑顔がいっぱいでした!

2013年6月2日、吉祥寺東急イン・コニファールーム他を会場に、2013年度同窓会総会および懇親会が開催され、「12年度事業・会計報告」 「13年度事業計画・予算案」が満場一致で可決されました。

また、総会のアトラクションでは、15回生D組の大浦美紀子さんによるお琴の演奏に聞き惚れ、さらにお琴の伴奏で懐かしい歌の数々を皆さんで合唱して楽しんでいただきました。

懇親会では25回生と45回生のホームカミングディも併せて行われ、会場いっぱいに笑顔があふれていました。

2013_0032013_001 2013_0052013_007

 

2013_0062013_0042013_0022013_008

 

sangaku_pic

山岳部OB会「やまね会」

山岳部は都立武蔵高等学校が男女共学になった昭和25年に創部されました。64年間の歩みの中で約380人の部員がOB・OGとして巣立っています。

sangaku_pic現在、OB会の役割としては学校や現役部員への協力・支援・交流と会員相互の親睦があります。具体的には平成3年から任された大菩薩ヒュッテの維持管理のために小屋番を派遣したり、ヒュッテのメンテナンスなどを行っています。

また、現役部員との交流・支援のために春の小屋開き作業と新入部員歓迎山行を一緒に開催したり、秋の小屋閉め作業と秋季山行を一緒に開催したりしています。さらに登山技術講習会や現役山行へのOB派遣なども行っています。

会員相互の親睦としては2年ごとの総会、新年会、有志による山行、会報誌の発行、会員名簿の発行、ホームページ(現在はヒュッテ予約状況のみ掲載)の開設、メーリングリストの作成などを行っています。

山岳部OB会

03dosokai_unohara2

「大菩薩ヒュッテ 新設水道完成!≪武蔵上水≫と命名」 卯之原 文康(山岳部OB会会長代行)

03dosokai_unohara2

2007年の夏、勝縁荘から借りていた水道が渇水のため使えず、利用者にこ不便をおかけしたことがありました。既存の水道は老朽化が激しく、たびたび破損 水漏れを起こしていたので、山岳部OB会で、この際もっと水量を確保できる自前の水道を作ろうという話が持ち上がりました。

早速、翌年から山岳部OB会総会とヒュッテ管理委員会それぞれで、山岳部OB諸氏、学校、PTA、同窓会の承認をいただき、並行して近隣山小屋の了解を取り付け、関係各官庁との事前協議、取水口・水路の候補地調査、水路設計など、2009年の新水路敷設工事に向けて準備を進めていきました。

取水口選定にあたっては、四季折々の沢筋の水量を調べ、渇水期でも水量が確保できること、水圧による自然放流なので導水を容易にするため、ヒュッテよりも標高が50m以上高いことなどに重点を置き、最終的には勝縁荘の前を流れる姫ノ湯沢の源頭付近で標高差100m上部の国立公園内に取水口を決めました。12月に山梨県峡東林務環境事務所による取水口の確認、水路敷測量に立会い、申請のための事前準備をすべて終えました。

 

03dosokai_unohara 2009年2月に提出した申請書が3月に認可さね、4月からは水路の整備のため、倒木の排除、下草刈りを行い、5月30日、初狩から荷揚げした300kgの資材を勝縁荘前に着荷。一巻の重量40kg、全長90m、口径25mmの塩ビ水道二層管七巻をいったん平らに延ばし、予定水路に沿って引っ張り上げたり、ダム状にした取水口にフィルター付き取水管を設置したり、登山道を跨ぐ所に水道管を通した鉄管を埋めたりと、総勢11名のOBが汗まみれになつて工事にあたりました。

その日の夕方、試験開通させた水道管から水が勢いよく出た時には、皆で美味しい沢水を飲みながら完成を喜びあいました。その時、誰からともなく「水道の名前は武蔵と学校の北を流れる玉川上水にちなんで<武蔵上水>にしようと命名されました。さらに、9月に補助水道管と中間枡を設置して、渇水対策と不純物除去対策を補強しました。これで、ようやく全てのインフラを自前で持つことができ、利用者の皆さまに自信を持って快適な宿を提供できるようになったと思います。

02dosokai_kitagawa

「お鷹の道散策~11回生ミニ同期会~」 北川 洋(11回生C組)

昭和34年3月卒業の11回生は一年おきに同期会を開いていますが、そのほかにも年に数回、有志が声を掛け合ってミニ同期会を開いています。

02dosokai_kitagawa

最近では、都立薬用植物園で「青いケシ」を鑑賞したり、埼玉県立航空記念公園での桜の花見などを行い、毎回10数人が参加しています。2013年4月には、国分寺から「ハケのお鷹の道」に行ってきました。

国分寺駅南口からしばらく歩くとお鷹の道に入ります。ここは住宅の裏手を流れる水路に沿った散歩道で、自転車も通らずのんびりと歩くことができ、真姿の池や国分寺崖線下の湧水群では、清らかな水の流れに心も洗われ、武蔵国分寺跡では参加者一同ボーっとはるか昔に思いをはせていました。

国分寺駅に戻った後は遅い昼食も兼ねてカラオケ店にもぐりこみ、歌いたい人は思い切り熱唱し、話したい人はおしゃべりに興じるなど、それぞれにたっぷりと楽しんでいたようです。

3-higasi

「今年も皆さんお元気でした」 野口 敦子(昭和23年併設中学・3年東組)(2009年03月12日開催)

3-higasi

高女で入学し、高校へとそのまま進み、半世紀を遙かに過ぎた今、出席者は少なくなりましたが集まりは続いています。

2009年3月12日、新宿のレストランで、昼食会を、出席者12名、健康で集えることに感謝し。欠席された方々にも今後の友情の輪が拡がる事を願っています。

来年は62年目のクラス会。元気で再開出来ることを心待ちしています。