31回生幹事さんたちの紹介

2019年度「51回生・31回生 ホームカミングデイ」に参加して(幹事より)

31回生幹事さんたちの紹介 集合写真


今年卒業40周年を迎える31回生のホームカミングデー及び同期会が6月2日に開催されました。我々31回生から総勢153名が集結し、受付では長蛇の列となるほどの大盛況でした。これは過去最高人数だそうです。

当日は、高校卒業時のアルバムから各クラスの集合写真の特大サイズ版、呼びかけ言葉「会おうよ!いま!」の師範習字、幹事会の準備状況を描いたイラストを貼り出すという演出も功を奏し、異様な興奮と歓喜の中で始まりました。

当時ご担任であった中本先生、宮地先生、中根先生、下田先生にもご参加頂き一言ずつご挨拶も頂きました。皆、再会の感動と歓声で、まるで高校時代に戻ったかのように大きな声で話し笑い、同時開催の51回生とマイクの奪い合いとなるほどでした。

最後には、各クラス毎、各活動クラブ毎に懐かしい仲間と合同写真を撮ったり、もうすぐ還暦とは思えないほどの興奮と熱狂の中で閉会しました。

今回の開催にあたっては、各クラス幹事が全員、日々忙しい中で名簿を更新しつつ用意周到な準備を進めてきました。同期会では結束力を強く感じ、武蔵高校の卒業生でよかった!と心から実感しました。人生100年時代に突入し、まだまだ人生これからなので、また同期会を開きます!お楽しみに!

31回生E組: 幹事代表 市川 元樹


約半年間の準備を経て、大きな大きなお祭が終わりました。初めてお話をする方もいた幹事仲間。終わってみれば、「私たちって、幹事に決まってから実際会ったのは五、六回だったんだね!?」ってビックリしたくらい、たったの半年で頼もしく楽しい仲間になっていました。

同級生の情報集めは、まるで自分が探偵になったような気分で、一人消息をつかむ度に「ヤッター!」と報告しあいました。電話、メール、ライン、フェイスブック…昔に比べたら随分探しやすくなった分、個人情報の管理には気を遣わねばならず、へとへとになって眠る日もありました。

そんなときにみんなから「ありがとう」「おつかれさま!」「めぐが言うなら行くよ!」等々の言葉に力をもらい、半年を駆け抜けました。二度とできない貴重な体験でした。長いこと途絶えていた同期会、クラス会もぜひやりたいな!

31回生D組: 幹事 木村 めぐむ(旧姓:立見)


私たちの高校時代はポケベル全盛期だったため、同期会お知らせはがきを送付するための連絡先確認に苦労しました。当日は第一部総会より第二部ホームカミングディ、そして第三部同期会と徐々に人は増え、最終的には50人以上集まることができました。

高校時代の写真や思い出の品を飾り、歓談メインの同期会でしたが、それでも時間があっという間だったのは、懐かしい思い出話が山のようにあったからでしょう。あちらこちらで連絡先交換や写真撮影をし、今度はこれなかった友人を誘っての再会を誓い合い、おひらきとなりました。

幹事という役は当初不安でしたが、他の幹事のおかげでまるで昔から友だったかのような温かい雰囲気の中で務めることができ、楽しい一日を過ごせました。会の呼びかけにご協力いただいた先生方51回生のみなさん、会の進行や流れについてアドバイスいただいた31回生のみなさん、支えていただいた事務局のみなさん、本当にありがとうございました。

51回生G組: 松岡 彩香


今回、クラス幹事としてホームカミングデイ・同期会の準備から関わらせて頂き、大変ながらも楽しみながら準備を進めてきました。特に当日は幹事メンバーがそれぞれの個性を発揮して、とても素晴らしい会にすることが出来たと思っています。

思えば、高校在学当時も体育祭や文化祭等、各種行事を開催間際に集中して良いものに仕上げてきた武蔵校生の瞬発力を改めて思い出しました。

ホームカミングデイがスタートすると一気に時は高校時代へとさかのぼり、同期会は予定時刻を超過してしまうほど話は尽きず・・・。久しぶりに再会した友人たちは、ほとんど高校時代のまま(笑)変わっていませんでしたが、それぞれの道で培ってきた経験の輝きを感じることができました。

今回の集まりをきっかけに、51回生の交流の更なる活性化に繋がれば嬉しい限りです。

開催にあたり、お忙しい中ご出席頂いた秋山好則先生、秋山小南先生、また、色々なアドバイスとともに20年後の参加人数目標も示して頂いた31回生の先輩方、大変な中で全面的に開催のサポートを頂いた同窓会事業部、事務局の皆様に感謝申し上げます。

51回生: 西川 宏治


高校時代の思い出はたくさんありますが、安室奈美恵さんが引退を発表されたとき、私たちの世代の頭に真っ先に思い浮かんだのは、倫理の細谷先生が、授業中にキメ顔で「アムロ波平!」と叫んでいたことではないでしょうか。
…51回生の皆さま、違いますか?個人差があるので決めつけはできませんが、少なくとも私の脳裏には浮かびました。
時は流れ、その安室さんは引退し、波平は現役を続行しています。毎週レギュラーでテレビに出ています。

ストレス社会と言われて久しいですが、私は時々このような高校時代のエピソードを思い出しては、明日への活力としています。嘘ではありません。

今回の同窓会で、多くの方と再会でき、お話しできたことも、大きな活力となりました。
またの再会を楽しみにしています。
今回、参加できなかった方も、ぜひ次回はお顔を見せてください!
それでは、また。

51回生E組幹事: 林 啓介


9

2019年度 同窓会総会・懇親会/ホームカミングデイ・同期会 報告

1

2

3

今年の同窓会総会は武蔵野スイングホールで「第73回同窓会総会」(2019年6月2日)を開催いたしました。

今年度は役員改選の年で、会長:土屋正忠(12C/留任)・副会長:古田土一雄(15A/留任)・渋江芳浩(24F/留任)・濱中義豊(54B/新任)・木下伸子(13G/留任)
会計監査:一柳直信(7E/新任)・高木牧子(17F/留任)で承認されました。

また、30年度事業報告、決算・監査報告、及び31年度予算案、事業計画案が提出され、すべて承認可決されました。

同会場で引き続き小田富英(20F)氏による講演「柳田国男を追って四十七年―柳田国男の年譜作成の話題からー」を専門的な観点から行っていただき大変勉強になりました。

4

5

この後、隣のビルのレインボーサロン(11F)に会場を移し、「懇親会/ホームカミングデイ」が行われました。

6

7

8

9

10

11

12

参加者は一般の卒業生とホームカミングデイの31回生(93名)・51回生(32名)が参加し、合計約180名の皆さんが旧交を温めあう時間となりました。

その後、同じ会場を使い31回生(153名)と51回生(60名)の合計214名がコラボして「合同同期会」が行われ、参加された皆さんから、とても良い機会をいただいたと報告がありました。

13

詳しくは51回生と31回生の「ホームカミングデイ」に参加しての感想文をお読みください。残念ながら31回生は盛り上がりすぎて全員の集合写真を撮り忘れてしまったと報告がありました。

都立武蔵高校同窓会事業部長 小谷野 純一

浜離宮写真

「この指とーまれ」式のミニクラブ活動 「第5弾」 日本橋クルーズ&浜離宮散策に参加して

浜離宮写真


 2018年11月12日、12回生~50回生 【18名】は日本橋船着場に集合。

 乗船前からワクワク感が一杯。ニコニコマークのステッカーを付け、集合写真撮影後乗船。幾つもの橋をくぐり抜け、船長さんの説明を聴きながらのクルーズは穏やかな秋の日射しと船べりの少し肌寒い風と共に懐かしさと新しい発見がたくさんの素晴らしいひとときでした。

 昼食は築地場外市場にて握り寿司。美味しくてあっと言う間に完食!
浜離宮ではガイドさんと紅葉の庭園散策。薄暮の頃茶屋にて抹茶と生菓子で一休み。閉園放送で解散となりました。

 汐留での二次会は皆さんの近況から超ローカルな話、時々タイムスリップする先輩方のお話と話題の尽きない心地よい時間でした。

 私は2度目のミニクラブ参加、同期不在でしたが「高校時代出会えなかった先輩後輩と世代を超えて知り合い楽しむ」クラブの趣旨を満喫したとても楽しい一日となりました。

 毎回ミニクラブの企画を立案、詳細な準備から参加者募集、当日のお世話、写真撮影…同窓会運営委員の皆さまのご尽力この紙面では書き切れませんが心より感謝いたします。

宮田 真由美(木村)27C

41回生I組同窓会2018.11.11

41回生・I組同窓会を行いました。(41回 I 幹事:飯田・上澤・山本)

41回生I組同窓会2018.11.11

 『笑顔は高校生のころのまま、元気に集まりました!』


 秋晴れの2018年11月11日(日)、新宿の「音音 新宿センタービル店」にて41回生I組の同窓会を行いました。卒業から約30年が過ぎましたが、担任の大北朝子先生もご出席され、25名の参加がありました。

長い間会わなくても昔の面影が感じられ、一瞬で高校生の頃に戻れるのは同窓会の醍醐味です。それでも、近況報告ではそれぞれの凝縮された人生が伝わり、年月の長さを感じずにはいられません。お元気に参加された先生のお話に耳を傾け、大いに盛り上がりました。

後半は席の移動も活発になり、笑い声が絶えず皆さんとても楽しまれている様子でした。偶然近くに住んでいる、仕事や趣味で会っていたかもしれないと言う話もあり、未来に繋がる話も生まれていたようです。

一次会の後は二次会・三次会と続き、今後もぜひ継続しようという声が多く、コンスタントに同窓会を行う予定です。同窓会事務局にはお世話になり、ありがとうございました。

(41回生I組 幹事:飯田・上澤・山本)

32期合同クラス会3(2018.10.27)

32期合同クラス会開催の報告(32期代表幹事・D 井下 万也)

32期合同クラス会3(2018.10.27)

32期合同クラス会《Ⅲ》(2018.10/27)


4年ぶりの合同クラス会(2018.10/27@吉祥寺第一ホテル)は生徒112名(全408名)+恩師7名を集め空前の大盛会で幕を閉じました。

当初は妄想級チャレンジだった当該企画も、3度目にしてようやく定番定着感を得ました。

学年会は1年次/部活/元中学等多様な属性の旧友と会え、また卒後数十年経て新たな友誼が生まれることもあり、個別クラス会とは別次元の新鮮なdynamismに満ち溢れた幸福な空間になります。

旧くて新しきご縁がこの歳で紡がれる格別感は何にも替え難く、ハードルは高いも開催絶対お奨めであります。

先ずは全クラス統合幹事会が確立できれば、後は夢の実現を信じる幹事諸氏の強い意思と武蔵生defaultの実務遂行力発揮でGOALは自ずと見えて来るはず。

そもそもは個性が集結した素晴らしき高校に同時期に居りながら、巡り合えぬままの縁を放置する勿体なさを打破したい衝動に駆られたのが動機であり、幹事一同は『全来場者様に100%満足を!』のsloganの許に毎回完全燃焼です。

Ⅰ/Ⅱを’13/’14に連続開催し、次回Ⅳは還暦後の2022年開催決定済。毎回全力で企画熟考し、満足度(アンケートしてます)の前回越えを必達目標に、少しでも多くの同期生と“幸福感シェア”できるよう『32期合同クラス会』は弛まぬ進化を以て今後も継続開催予定であります。

母校発展と全同窓生のご健勝と安寧をお祈りし報告終了、事務局様には掲載機会いただき深謝致します。

(32期代表幹事・D・井下 万也)

New York

都立武蔵高校同窓会『海外支部』の発足 @New York

New York

【都立武蔵高校同窓会『海外支部』】
http://metromusashioverse.wixsite.com/home


都立武蔵同窓会海外支部会@New Yorkを開催いたしましたのでここにご報告します。

参加者は80年卒の廣瀬雄介さん、87年卒守邦晴世さん、91年卒の今村 達さん、96年卒の清水 保 君、同じく96年卒の釣恵 都子の5人でした。

今回は海外支部会3回目にして初めて二人以上の参加人数で、総会とは比べ物にならないほど大変に小さい会ながら、海外支部会としてはこれまでで最大の人数が集まりました!

祖国から離れている土地柄も手伝ってか、ほとんどの人が初対面、かつ世代が離れているのにも関わらず、そんなことは全く感じないほどいろいろな話に花が咲き、懐かしき学舎のことや地元のローカルな話ができる幸せに浸りました。

武蔵卒業生で海外在住メンバーのネットワーク強化および海外在住人の名簿作成、海外支部の ホームページの充実に取り組みたいという意見が出ました。

来年度の海外支部長in New Yorkは96年卒 清水 保 が引き継ぐことで全員一致で決まりました。


50回生集合写真

50回生ホームカミングデイに参加して(50回生・矢野 雄高)

50回生集合写真


当日はたくさんの同期が集結しました。お越しいただいた先生方、ホームカミングデイの場を作っていただいた同窓会運営委員の方々、何回も集まって企画を練って準備し、広範囲に呼びかけ、当日の受付を一生懸命対応してくれた各クラス幹事の皆さん、当日来られなくても呼びかけに多大な協力を頂いた同期の方々、当日の進行にこちらの企画を快く受け入れて頂いた30回生の方々、本当にありがとうございました。

50人弱が集った第2部のホームカミングデイでは会話が途切れることなく進行し、先生方も交えて十分楽しい時間を過ごせて満足していましたそして、その倍の人数が集った第3部は、開始前から始まっていた懐かしい会話の熱気がさらに大きくなり、受付から会場に入った瞬間の会場のパッションに、戸惑いを覚えるほどでした。

最近会ったばかりの人とも、ほぼ20年振りに会った人とも同じように繋がりを作れたことで、今後も50回生同期の交流は広く続いていくと思います。そのきっかけに今回の同期会が役割を果たせたのだとすれば嬉しいです。

50回生・矢野 雄高

30回生集合写真

30回生・同窓会および同期会に寄せて(30回生・田賀 晶子/新居 裕行/草光 紀子)

30回生集合写真


ただただ、楽しいひとときでした。

40年ぶりの再会。一瞬「だれ?」、次の瞬間大口開けて「あー!!」やら「きゃー!!」やら歓声が上がります。

会えばすぐにわかると思っていたのに、40年という長い年月が過ぎたことを感じます。けれどもすぐに、昨日まで会っていたかのように話が弾みます。友っていいなぁ。何かで繋がっている安心感がありました。

今回、卒業時に決まっていた同窓会幹事をさせていただきました。40年間何もしていなかったので、無事に果たせてほっとしています。同窓会本部の方々、一緒に幹事をした皆さんに感謝です。ありがとうございました。同期の幹事会は、在学中はクラスが違い、話をする機会がなかった方とも、打ち解けて話をすることができ、これもまた楽しい会となりました。

5年後、10年後・・・も、元気にお目にかかれることを願っています。

30回生・E組 田賀 晶子 


卒業から40年、還暦を目の前にして100名を超える同級生と一堂に会すことが出来たのは、「あー、楽しかった」の一言に尽きる。

偉大なる地球の引力と代謝低下による経時変化に抗い様はないとは言え、一目で「おー、元気そうだな」とタイムマシンから降りたかのような再会が数多あったのは、感激というより安堵に近いものだったかもしれない。

ネットの恩恵に浴すようになって久しいが、以前よりは普段の連絡が格段に楽ちんになっている昨今、今回の同窓会が「また、そのうち」と言う社交辞令的挨拶を「次は何時にする?」に変えたきっかけになったようにも思えた。

朋は遠方から来なくても又楽しからずやである。諸兄、健康に留意して、また、近々にお目にかかりましょう。

30回生・D組 新居 裕行 


先日開催された第30回生のホームカミングデーは、卒業後40年という節目の年で、恩師吉本先生(旧姓 高島先生)にもご出席を頂き、興奮と歓喜の中で始まりました。

私は3年前まで長く東京を離れていたこともあり、お会いするのは卒業以来の友人がほとんどでした。しかし、名札を見るまでは分からなかった友人も、高校時代はあまり話をした記憶がなかった友人も、もちろん親しかった友人も、当時の面影を辿ると懐かしい思いで一気に時が埋まり、武蔵高校で若き日々を共に過ごした仲間とまた同じ時間を共有していることに、感動と感慨の一時を過ごしました。

そして、多くの仲間との再会は、短い時間では語りつくせない仲間達の多くの努力や葛藤、また喜び等があったことは想像に難くなく、一人ひとりにエールを送りたい気持ちで一杯になりました。また、明日からの自分にも皆さまから勇気と元気を頂いた時間でした。

このような会を開催するにあたり、1年前よりご準備を頂いた同窓会事務局及び、幹事の皆様に深く感謝したいと思います。

30回生・A組 草光 紀子 


2018同窓会総会・懇親会04

「2018年度 同窓会総会・懇親会/ホームカミングデイ・同期会」報告

今年の同窓会総会は武蔵野スイングホールで「第72回同窓会総会」(2018年6月3日)を開催いたしました。

2018同窓会総会・懇親会01

2018同窓会総会・懇親会02


今年度は役員改選のない年でしたので、同窓会「土屋会長」と来賓の都立武蔵高等学校「高橋校長」の挨拶に始まり、29年度事業報告、決算・監査報告、及び30年度予算案、事業計画案の提案があり、すべて承認可決されました。

2018同窓会総会・懇親会04

2018同窓会総会・懇親会03


同会場で引き続き39回生の金子あい(舞台俳優)さんによる「平家物語~語りと波紋音」を、わかりやすく前解説をしていただき、全国の公演でコンビを組んでいる打楽器奏者の永田砂知子さんと一緒に演じていただきました。

2018同窓会総会・懇親会08

2018同窓会総会・懇親会05

2018同窓会総会・懇親会06

2018同窓会総会・懇親会07


この後、隣のビルのレインボーサロン(11F)に会場を移し、「懇親会/ホームカミングデイ」が行われました。

参加者は一般の卒業生とホームカミングデイの30回生(61名)・50回生(40名)が参加し、合計約170名の皆さんが旧交を温めあう時間となりました。

2018同窓会総会・懇親会09

2018同窓会総会・懇親会10

2018同窓会総会・懇親会11

2018同窓会総会・懇親会12


その後、同じ会場を使い30回生(112名)と50回生(91名)がコラボして「合同同期会」が行われ、参加された皆さんから、とても良い機会をいただいたと報告がありました。

都立武蔵高校同窓会事業部 小谷野 純一

Hiwatari05

ミニクラブ活動・第4弾は「立川高尾講と行く高尾山薬王院・火渡り祭」(平成30年3月11日(日)開催しました)

Hiwatari01

まずは高尾山口駅前にて、パチリ


毎年10月17日(火)と3月第2(日)に高尾山にて執り行われる2つの祭り『秋季大祭護摩祈祷』と『火渡り祭』第3&4弾は、これらへ立川高尾講とご一緒することで、初詣など節目しか寺社へ参拝しない我々にも楽しめる貴重な体験となりました。そして秋季大祭では護摩札に、火渡り祭では撫で木に、各自の願い事を託しました。

Hiwatari05 Hiwatari03

Hiwatari06 Hiwatari07

今回の第4弾『火渡り祭』では、全国から修業を積んだ山伏が参集。この一大行事を見にやって来た地元や各地からの人々、数多くの外国人観光客の見守る中、幾つもの作法が進行。四方の外魔を道場内に入り込ませない法弓(ほうきゅう)、行者が熱湯で身心を清める湯加持(ゆかじ)などなど。山伏が弓を射ると偶然にも急に冷たくなった風が吹き荒ぶ一幕も。

Hiwatari02 Hiwatari04

激写!山伏と火

ハイライトは、修験者に続き一般の人々も参加できる火渡り!渡るのに一所懸命で気付いたら渡り終えていた人、ありがたさを噛み締めながら渡った人、にこやかな面持ちで渡り切った人etc。その様子をカメラに収めようとする見物客。

お楽しみは、火渡り前のイタリアンでの昼食から始まり、蕎麦で締める二次会へと続きます。祭りと更なる交流にて、盛会と相成りました。

第5弾は、2018年秋を予定しております。当ホームページにて8月頃に告知したいため、皆さまからの企画を募集中です。同窓生ならどなたでも気軽にご参加いただけます!乞うご期待。