校歌斉唱2

『同窓会創立70周年記念総会報告』

総会

浜本氏記念講演

校歌斉唱2

今年は東急レイホテルで「同窓会創立70周年」の記念総会(6月26日)を開催いたしました。

 総会では議事の承認を得たあと、長らく事務局長を務めていただいた前副会長の高橋昭子氏に感謝状を贈呈いたしました。

第二部のアトラクション(記念講演)は、ラグビーワールドカップでの日本勢の活躍もあり、関東ラグビーフットボール協会副会長の浜本剛志氏(27回生)にお願いいたしました。総会会場の定員(180席)以上の方々に来場していただき、期待に違わずの大盛況でした。

昨年8月より 第三部の「懇親会・ホームカミングデイ」参加者を300~350名目標に準備を進めて参りました。特筆すべきは48回生が今時のSNSを活用、期待以上の140名が参加いたしました。28回生も例年のマックスに近い120名余りが参加、一般の卒業生も例年を上回る方々に馳せ参じていただき、最終的に421名の参加となりました。

●来年(2017年)の同窓会に向けて

来年の同窓会総会はまた「武蔵野スイングホール」での開催の予定です。アトラクション出演者の推薦がありましたらよろしくお願いします。

都立武蔵高等学校同窓会70周年・副実行委員長 小谷野 純一


☆☆ ホームカミングデーに参加した卒業生よりコメントを頂きました ☆☆
>> ホームカミングデーに参加して(28期B組・田代 忍)
>> ホームカミングデーに参加して(48期生B組 幹事・大塚(旧姓:鈴木)めぐみ)


28回生大集合

ホームカミングデーに参加して(28期B組・田代 忍)

28回生大集合

約40年ぶりの再会は、受付でネームプレートを手渡しながら、

「バレー部の○○さんですよね」、「サッカー部の田代です。おひさしぶりです。」のやりとりで始まった。

懇親会の際に、1年次のクラスにシャッフルすると、あっという間に16歳にタイムスリップ。準備等大変だったが「学年同窓会も、また開催したいね。」という世話人からの本音も・・・。

29回生のみなさんも、ぜひホームカミングデーを楽しんでくださいね。

28期B組 田代 忍

48回生大集合

ホームカミングデーに参加して(48期生B組 幹事・大塚(旧姓:鈴木)めぐみ)

48回生大集合

学年の3人に1人以上が参加した・・・この数字だけでも当日の熱気が伝わると思いますが、今回の盛り上がりはFacebookの活用なくしては語れません。

Facebook上に特設された第48期生の頁では、20年間・現在・想い出などが自由に投稿され、執筆の最後に次の執筆者を指名する形でバトンを繋ぎ、各人の人生模様が語られました。

思い出画像の投稿も手伝い、逢いたい思いが日本全国、海外からも多くの友人たちを吉祥寺の地に招いてくれました。

武蔵生であったことの幸せは、卒業して20年、いまさらながらに全員の胸に響いたことと思います。

48期生B組 幹事・大塚(旧姓:鈴木)めぐみ

icon_jimukyoku

【創設70周年事業!】☆☆同窓会創設70周年記念式典(平成28年6月26日開催)受付フォーム☆☆ (*終了しました)

2016tokusetu

都立武蔵高等学校同窓会 創立70周年パーティーへの受付フォームです。

従来通り、会報に付属の往復はがきでの応募も可能です。
(お申込は、ダブルカウントを避けるため葉書あるいはWEBフォームの【どちらか一方のみ】としてください)

WEBページよりエントリー(申込み)をされる方は、下記へお進みください。

new017_06>>> 出席の申込みはこちらで受け付けています <<<new017_06

(受付は終了しました。また来年お会いしましょう!)

icon_jimukyoku

【創設70周年事業!】70周年記念パーティアトラクションゲスト/浜本 剛志さんのご紹介

同窓会創設70周年記念パーティアトラクション・浜本 剛志さんのコメント&ご紹介です。


浜本剛志

このたび武蔵高校同窓会70周年にあたり講演をさせていただくことになりました。正直ご依頼をいただいた時には私のつたない話などでは申し訳なく、ご辞退しようとも考えましたが、たくさんの青春の思い出がある大好きな武蔵高校の少しでもお役に立てばと思い直しお受けすることにいたしました。

私の武蔵高校でのラグビーとの出会いから大学、社会人での選手生活そしてコーチ・監督時代、ラグビー協会での活動など経験談を中心に、そして昨年のワールドカップでの日本代表の奮闘によって盛りあがったラグビー人気と実力を2019年に日本で行われる次回のワールドカップへ向けてさらに向上させてゆくには・・・などの私見をお話させていただこうかと考えています。

ご興味のある方はお気楽にお聞きいただければ幸いです。

[浜本 剛志]


■ラグビー部・柔道部の同期生が紹介する浜本さんのプロフィール

2年次の夏合宿には柔道部は部員不足で参加出来ず、僕らは同様にフィフティーンが集まらないラグビー部合宿に参加した。おのずと秋の試合にも出るようになり、彼は持ち前のパワーを発揮し水を得た魚の如くラグビーにのめり込み奮闘する。慶應大学3年次には早稲田の対抗戦グループ60連勝を阻んだのは獅子奮迅の活躍をしたNo.8浜本の成長の証だった。

その後サントリーラグビー部でもハードタックラーとして名を馳せた。引退後はスマートなTV解説でお茶の間のラグビー観戦者を楽しませてくれ、日本ラグビー協会の理事の一角としてラグビーの発展に大変寄与した。

2016年6月26日(日)記念講演は一聴の価値があります。これからもう一勝負をかけようとしている古参同窓生、輝ける未来へ羽ばたこうとしている若手同窓生、そして全ての同窓生、楽しく、勇気が湧き出る話を聴きに足をお運びください。気は優しくて力持ちの漢に会いましょう。27回生、ラグビー部、柔道部同窓生は強制参加ということで。

ラグビー部・柔道部で汗臭い仲だった [27回生 伴埜 司] 筆


■浜本剛志さん プロフィール
1956年12月生出身地 東京
1972年3月 東京都多摩市立多摩中学校卒業
1972年4月 東京都立武蔵高校入学
1975年3月 東京都立武蔵高校卒業

1975年4月 慶応義塾大学法学部政治学科入学・慶応義塾大学体育会蹴球部(ラグビー部)入部
2年次よりNO8ポジションのレギュラーとして関東大学対抗戦、全国大学選手権に出場、4年次副将を務める。
1977年度全国大学選手権準優勝 ‘76年度、‘78年度ベスト4
1979年3月 慶応義塾大学法学部政治学科卒業
1979年4月 サントリー株式会社入社
1980年4月 サントリーラグビー部創設とともに参加 ‘82年度、‘83年度‘84年度主将

1980年度 第7回アジアラグビーフットボール大会に日本代表として参加
1990年度~1991年度 慶応義塾体育会蹴球部監督
1992年4月 田園ラグビースクール創設とともにコーチとして参加
2001年度~2013年度 日本ラグビー協会理事
2010年4月 サントリービア&スピリッツ(株)執行役員市場開発本部長就任
2011年9月 サントリービア&スピリッツ(株)執行役員広域営業本部長就任
2016年4月 関東ラグビーフットボール協会副会長就任 サントリーフーズ(株)常務取締役広域営業本部長就任

icon_doukikai

ホームカミングデイ2016(28回生&48回生)のお誘い

dousoukai

今年のホームカミングデイは、

28回生(1975=昭和50年度/1976年=昭和51年3月卒) 

48回生(1995=平成7年度/1996年=平成8年3月卒)

の皆さんです。

日時:平成28年6月26日(日)午後12時30分~
場所:吉祥寺東急REIホテル(旧 吉祥寺東急イン)
詳細は、それぞれ同期の幹事の方から、4月にご案内いたします。

 

なお、同期の方からお便りをいただいています。

☆☆ 28回生&48回生からのお便りはこちらから ☆☆

こちらも是非ご覧ください。

皆さま、ホームカミングデイへお誘い合わせの上ご参加ください!

dousoukai

ホームカミングデイ(28回生&48回生)幹事のお便り

「私に自信を与えてくれた3年間」 28回生・B組 田代 忍


私が入学当時の都立武蔵では、多摩地区全域から生徒が集まっていた。鉄道が通っていない武蔵村山市在住の田舎者の私と、中央線沿線在住の級友とでは、女の子に対する言葉遣い等がまったく異なっていて、上手に女の子と話せない私は、少し劣等感を持ち、入学当初のクラスの中では地味な存在だった。ところが、1年の6月の体育祭でスウェーデンリレーの選手に立候補して、本番で俊足を発揮してリレーに優勝し、1年の8月には、サッカー部でFW(右ウイング)のレギュラーポジションをつかむ等、徐々にクラスや部活の中での居場所を持った。そして、2年の体育祭にて応援団長を担当して優勝したり、片思いで終わった恋もしたりと、高校生活を楽しむことができた。サッカー部では、3年で最後のインターハイ予選で4回勝利し、都でベスト16まで勝ち進んだことも含めて、高校時代の経験から得た自信が、今までの人生や今現在の自分を支えていることを実感している。

 

「ホームカミングデイって何?」 28回生・E組 川尻 明


 

2015年残暑厳しい夕刻に一本の電話。声の主は武蔵級友女性。前回クラス会から二年経過し「久しぶり」で始まったが、突如「2016年の同窓会は私達28回生のホームカミングデイらしいよ、どうする?」「えっ何のこと?」話が噛み合わない。どうやら同窓会ではホームカミングデイという企画で、例年、卒業40周年同窓生の同期会を行っているらしい。確かに26/27回生のウェブサイトには同期会の様子がアップされている。同窓会事業部より28回生全クラス世話人に連絡をとってほしいとの無理筋要請があったようで、こちらにお鉢が回ってきた。当然、他クラス世話人など誰一人知らない。「何だかなー」と思いながら取り敢えず10月末にクラス会を開催し級友に協力要請。部活繋がりや1年時同級繋がりの紹介を受け、驚くべきことに11月中旬までに全クラス世話人に連絡完了。人の繋がりの大切さを実感しつつ、今年は「同窓会70周年」と重なり、開催場所変更と話はさらに複雑に。今年のホームカミングデイ、乞御期待。

 

28回生・F組 石橋 義一


1973年、円が360円から変動相場制に移行、金大中誘拐事件やオイルショックでトイレットペーパーの買いだめ騒動があった年、私たちは、桜薫る74郡「都立武蔵高校」に入学した。多摩地域以北から学生が集り、A組からI組の学年9クラス、生徒数410名。自分の好きな私服で通学し、勉学・部活に、修学クラス旅行、クラスごとに3学年が一つになった「むさし祭」を謳歌しつつ、季節は巡った。深夜放送、「蛍雪時代」―受験勉強していたときも今は懐かしい。

素晴らしい恩師と人生の友と出会った武蔵を卒業して40年あまり。現在母校は、中高一貫校となり、校庭の位置もかわり、時の流れを感じさせるが、あの時の「自由な校風」はいきづいていてほしい。「林を出でて、林に入り・・・」武蔵野の自然に恵まれた我らが母校。武蔵で過ごした学生生活は、何にも代えがたい思い出である。皆、幸多かれ。

 

「 ホームカミングデイを迎えるにあたって」 48回生・E組 小山みち子(旧姓 渡邉)


母校を去ってから早20年という月日が流れ、私たち48回生は今年ホームカミングデイを迎えます。

ある日、1本の電話で私が同窓会幹事になっていたことを知らされました。そういえばそのような記憶があるようなないような…。普段高校時代のことなど思い出すこともない日常から、20年前の決め事により高校時代を振り返る機会を与えてもらいました。
実際、ホームカミングデイというものがあること自体知らなかった私…本当に幹事が務まるのか不安は多々ありますが、他のクラスの幹事の方達と協力し合いながら準備を進めています。
そして6月26日のホームカミングデイに多くの同期が集まり、高校時代の思い出に花を咲かせ、また学生時代にタイムトリップした錯覚に皆が陥るであろうことを想像して先にワクワク感を味合わせてもらっています。
48回生の皆さん!!滅多にないこの機会、参加するしかないですよ!!

icon_jimukyoku

【創設70周年事業!】同窓会創設70周年記念パーティのアトラクションが決まりました。

sports_rugby

同窓会創設70周年記念パーティのアトラクションが決まりました。

サントリーラグビー部主将、アジアラグビーフットボール大会日本代表、慶応大ラグビー部監督、田園ラグビースクール創設、日本ラグビーフットボール協会理事などを歴任された「浜本剛志さん」です。

どんな話が飛び出すのか、乞うご期待!!

47回生ホームカミング

「47回生ホームカミングデイ」参加報告(2015年6月7日)

47回生ホームカミング-2

2015年6月7日のホームカミングデーに参加させていただきました。
卒業して20年経ちますので、会場に行くまでに、とても緊張しました。
20年ぶりにお会いした同級生の方々は、とても素敵になられていて私の目には眩しかったです。あまり接したことがなかった方々ともお話しできて、なんだか不思議で濃厚な時間でした。

途中、全員で校歌を歌う場面があったのですが、私を含め、歌詞カードを持っていない人でも、皆さんちゃんと歌えていたので驚きました。卒業式以来、校歌を歌うことはなかったのですが、20年経っても身体に染みついているものなのですね。

今回のホームカミングデーでは、多くの方が集まられていた27回生に比べて、47回生の参加は少なかったようでした。
20年後行われるであろうホームカミングデーでは、たくさんの同級生が集まって、高校時代の思い出話をできればと思っております。20年後が今から楽しみです。

47回生B組 伊藤 愛